教えて!帯や襦袢も揃っていないとだめ?

着物はどんなものなら売れるのか?

着物は最近増えている出張買取を利用して売る人もいますが、初めての場合にはどんなものが売れるのか不安になる人も少なくありません。そこで、実際にはどんな着物なら売れるのか、値段がつくのか一般的なものを説明しましょう。
まず買取業者の多くが求めているのは新しい着物です。購入してから10年以内のものが理想的と言われています。勿論、それよりも新しいものならさらに買取条件は良くなります。
次に有名作家の作った着物です。染め柄や織りなど、人間国宝や有名な作家の作品はかなりの高値がつくことが多くなります。そして、振り袖や訪問着などもそれなりに値はつきますが新しい方が有利です。特に袖が長めであったり仕立て方も査定に左右します。

帯は状態によって難しい場合も

着物と言えば帯や襦袢などもつきものですが、実際には小物類は力を入れていない買取業者が多いものです。帯の場合には着物同様に条件がつけられていることが多く、まず新しいこと、美品であることは必須になります。着物もそうですが、正絹のものが最も値がつき、帯の場合は化繊や綿は買取自体しないところもあります。
振り袖などに多く見られる帯など小物がセットになっている場合には、帯や襦袢などが揃っていなくても買取にはひびきません。揃っていても使用感が見られたり、色褪せやシミ、キズがあれば買取しないものがほとんどです。仮にセット品であっても、着物は売りたいけど帯は気に入っているという場合でも、着物だけ査定してもらえるので売りやすいですね。

© Copyright Kimono Top. All Rights Reserved.